元水泳コーチのスイミングのハナシ

スイミングスクールで26年働いた元水泳コーチのお話です

スイミングスクールで子どもが合格しなくてイライラするママたちへ

スイミングスクールにもよりますが、子どもたちは1~2ヶ月ごとに進級テストを受けます。

保護者にすれば毎回合格してくれればうれしいものですが、当然ずっと不合格しないわけにはいかず、いつかは不合格になるものです。

スイミングスクールによって進級基準には違いがあり、順番や内容も違いますが、一般的に進級基準の中で、このような泳ぎが合格しにくいといわれます。

  • クロール25m完泳
  • 平泳ぎのキック
  • バタフライの完成

もちろんこれは一例であり、その子にとって苦手なことがあれば、これ以外でもなかなか合格できないことがあります。

f:id:maskednishioka:20170227010859p:plain

不合格が続くと・・・

子どもが練習をがんばっていて、毎回進級テストを受けているのに合格しない、1度や2度の不合格ならまだしも、3回4回、半年や1年も不合格が続けば、見ているだけで何も出来ない保護者はイライラしてきます。

最初は我が子の能力が低いからと思えても、半年や1年も不合格が続けば、我が子の能力うんぬんではなく、コーチの指導能力が低いからではないかと思っても仕方がありません。

不合格が続くということは、また同じ練習を繰り返すということであり、その状況に対して保護者は、お金の無駄ではないかと考えるようになります。

そして保護者だけでなく、子どもは子どもでやる気や自信を失くしたり、最悪の場合プールに行くのがイヤがって、スイミングスクールを辞めたいと言いだすこともあるでしょう。

不合格が続くとロクなことがありません。

保護者としてはコーチに対して「何とかしてよ!」と思うことでしょう。

そこでちょっと長くなりますが、スイミングスクールは、このことについてどう考えているのかを書いていきます。

特に、もしかしてわざと不合格にしているんじゃないか?と思われる保護者は是非読んでみてください。

f:id:maskednishioka:20170227010911p:plain

スイミングスクールの方針

進級テストの合否判定の基準は、スイミングスクールによって大きく変わります。

  • ある程度泳げていればどんどん合格させる
  • キッチリ泳げていないとなかなか合格させない

なぜ、このような正反対の差が生まれるかというと、スイミングスクールの考え方が違うからです。

<どんどん合格させるスイミングスクール>

子どもも保護者も合格すれば嬉しいですし、水泳が嫌でスイミングスクールを辞めることはありません。

この方針のスイミングスクールは、ある程度出来れば合格にして、水泳を楽しめるように考えています。もちろん全く出来ない場合は不合格になりますが、合格することの方が多いでしょう。

水泳を続けていくと、あるレベルからタイムで合否を決めるようになります。そのレベルまでは泳ぎのフォームや距離で合否が決まっていましたが、速いか遅いかで決るようになるわけです。

当然、ここまでどんどん合格していた子どもも、タイムとなると合否が数字で判断されるので、不合格になることが出てきます。

つまり、どんどん合格させるスイミングスクールは、最初はスイスイ進んで後が大変になるわけです。

<なかなか合格させないスイミングスクール>

こちらの考え方は、基礎ができなければ、それ以上難しいことはできないという考え方です。

ですので、合否の判断基準が厳しく、姿勢やキックといった基本的なことでも、ちょっと肘が曲がっていたり、膝の曲がりが大きいというだけで不合格になります。

その考え方は徹底されていて、「ケノビキックで5m」という進級テストでも、長ければ1年間不合格というスイミングスクールもあると聞きます。

保護者としては不合格が続いてイライラしますが、泳力が上がり進級テストがタイムで判断されるようになったときに、しっかりとした泳ぎが出来ているので、タイムも上がりやすくなり、合格する可能性が高くなります。

つまり、なかなか合格させないスイミングスクールは、最初は大変ですが後がスイスイ進めるわけです。

アナタならどちらを選びますか?

繰り返しますが、子どもが合格していれば保護者はイライラしないはずです。

イライラするのは不合格だからです。

つまり、どんどん合格するスイミングスクールだと、イライラしなくて済みますが、子どものレベルが上がってタイムが基準になったときに苦労します。

逆に、なかなか合格しないスイミングスクールはイライラしますが、子どもがタイムを計るようになる頃には、基本的なフォームは完成していることが多くなります。

2つを比べたときに、保護者がイライラしないのはどんどん合格する方です。

しかし、それが子どもにとってどうなのか、考える必要があります。

そしてどちらも間違いではありません。指導には正解がないということです。

アナタならどちらを選びますか?

f:id:maskednishioka:20170227010945p:plain

長い目で見てみませんか?

子どもが合格しなくてイライラするのは十分理解できます。

何ヶ月も同じ練習ばかりで、お金の無駄とも思えるでしょう。

子どもが合格しなくてイライラしている保護者が、イライラしなくなる方法は、子どもが合格するだけです。

コーチや責任者にクレームを連発して、無理くり子どもを合格させることも出来ますが、それで子どもが上手くなるかどうかは別です。

どんなに指導の上手いコーチでも、毎回全員を合格させることは出来ません。

ですが本当に指導の上手いコーチは、子どもの練習をしているときに、合格までにどれくらい時間がかかるかがわかります。

1~2回合格できなくても、諦めずにじっくり合格への道のりを探ります。

保護者としては手が出せなくてイライラしますが、ここはコーチに任せてしまって、長い目で見ませんか?

子どもがスイミングスクールに通い始めた頃には、ひとりでプールに入って溺れなければそれでよかったのに、進級テストを受けるようになって不合格が重なるとイライラが始まるわけです。

イライラしそうになったら、通い始めたときのことを思い出して、その頃に比べたら進歩したと思えるようにしてみてください。

大変だと思いますが、がんばってくださいね。